薬剤師のバイタルサイン講習会とは

在宅薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 薬剤師のバイタルサイン講習会とは

薬剤師のバイタルサイン講習会とは

薬剤師は医療行為ができないため、数年前までは薬剤師によるバイタルチェックなどもあまり積極的に行われてきませんでした。しかし、近年ではバイタルサイン講習会に参加する薬剤師が増加している傾向があります。特に在宅薬剤師には受講がすすめられています。

バイタルサイン講習会は薬科大学などの教育課程に組み込まれていることもあります。また最近ではその必要性が大きくなり、大学で薬剤師を対象にした講義や実習が定期的に開かれています。都道府県薬剤師会でもバイタルサイン講習会が行われています。講習会ではバイタルサインの理論や実技、聴診器の使い方、チェック方法など具体的な内容でしっかりと指導を受けることができます。

在宅薬剤師がバイタルサイン講習会を受講することには沢山のメリットがあります。患者さんが処方されている薬を忘れずに服薬しているかも確認することができます。在宅医療の場合、患者さんのほとんどは高齢者であり自分が薬を飲んだのかどうかも忘れてしまうことがあります。バイタルサインにより口頭だけでなく薬剤師本人が確認することができます。患者さんとしても、薬剤師が細かな面まで確認して薬を持ってきてくれているということから安心感が生じ、薬剤師との信頼関係を築く助けにもなっています。

チーム医療でもある在宅医療では、医師や看護師そして介護士との連携が重要になります。医師と共に患者さんの自宅を訪問することもありますが、多くは薬剤師が医師とは別に訪問し服薬指導や管理を行います。そのため、患者さんの容態や状況をその時々に把握することが重要であり、医師との情報共有にも非常に効果的です。患者さんの多くは自分で血圧などを測定することもできますが、医師や薬剤師など専門知識や資格を持っている人が測定し状況を説明してあげることで安心することができます。医師が訪問できなくても在宅薬剤師がバイタルサインを取り入れ医師と共有することで、医師と患者さんの関係も良好になります。

在宅薬剤師にとって非常に大切なのは、患者さんとの信頼関係を築くことです。日頃からの良いコミュニケーションによって、患者さんが必要としていることや不安に感じていることをくみ取ることができます。そしてバイタルサインにより患者さんの心音を聞き、脈拍、血圧を計ることで距離感を縮めることができます。在宅薬剤師としてできる最善を尽くして患者さんを診ていることを表わすことができるため効果的な方法といえます。

在宅医療分野の薬剤師求人も豊富に掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 在宅薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.