高齢者施設へ訪問する在宅薬剤師求人

在宅薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 高齢者施設へ訪問する在宅薬剤師求人

高齢者施設へ訪問する在宅薬剤師求人

病気や高齢ゆえに病院に薬を受け取りにいくことができない患者さんのために、薬剤師が出向き、薬の指導や管理業務を行うのが在宅薬剤師です。在宅薬剤師が訪問するのは自宅のこともありますし、特別養護老人ホームやグループホームなどに訪問することもあります。

超高齢社会に突入した日本にとって、介護医療の必要性はとても重要な位置づけとなっています。ここ数年、介護医療の分野において医師や看護師の役割だけではなく、薬剤師の担う役割が注目されています。これまでは医師が高齢者施設などに訪問し入居者や患者さんの健康管理をしてきました。その際に看護師が必要とされる薬の服薬指導などを兼務していました。しかし、医師の訪問診療などにも回数制限があることや、看護師は薬物に関する専門知識を持っているわけではないため、トラブルが生じることもありました。

そこで在宅薬剤師と呼ばれる、在宅療養支援認定薬剤師が老人ホームやグループホーム、特別養護老人ホームなどを訪問し薬の服薬指導や管理を行う必要性が高まっています。高齢者施設で働く介護士やケアマネージャーなどにとっては、多忙な業務に加えて一人一人異なる服薬を管理するのは非常に負担が大きくなります。医療に関する指導には限界があり、入居者の様子を医師に伝え、指示を仰ぐには時間がかかってしまいます。

在宅薬剤師は定期的に高齢者施設を訪問し、入居者の服薬指導や管理のために介護士などとよくコミュニケーションを取り、今後の服薬方法などを専門的な視点から考えアドバイスをすることができます。これによって、慢性疾患を抱えている入居者への適切な薬物医療を提供することが可能になっています。

現在、在宅薬剤師を必要とする高齢者施設は非常に多くなっています。グループホームや介護老人施設などが直接薬剤師を求人募集していることもありますし、調剤薬局が募集していることもあります。在宅薬剤師として勤務するためには実務経験が3年以上あることや一定数の研修を受講する必要もあります。在宅医療に積極的に取り組む薬局であれば、就職・転職後に在宅薬剤師の資格を取得できるかもしれません。

今後も在宅医療に関わる薬剤師の必要性は一層の増加傾向にあります。薬剤師にとっては新たに活躍できる分野が増え、医師や看護師とのチーム医療に関わる機会も開かれます。またこれまで慢性的にあった薬に関するトラブルも、在宅薬剤師の指導管理のもと軽減することが期待されています。

在宅医療分野の薬剤師求人も豊富に掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 在宅薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.