在宅医療における薬剤師の役割

在宅薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 在宅医療における薬剤師の役割

在宅医療における薬剤師の役割

在宅薬剤師は薬学における専門的な知識を持つスペシャリストとして、患者さんと医師の間に入って橋渡し的な役割を担っています。在宅医療の患者さんでも薬剤師の一存で処方箋を出すことはできず、それは医師の仕事ですが、医師にとっては、処方箋を渡した患者さんが正しくその薬を服用して順調に症状が改善されているのかを確認する手段がありません。在宅医療においては患者さんが頻繁に病院へ足を運ぶこともままならない場合も多いため、医師と患者さんとのコミュニケーションがとりづらくなってしまうのも実情です。そこで活躍するのが在宅薬剤師になります。

在宅薬剤師は、医師が患者さんに処方した薬を調剤し、患者さんが生活している自宅や介護施設・福祉施設を訪問して直接薬物指導を行います。その際に、患者さんだけではなく、同居している家族や入居している施設の担当者に対しても適切な指導やアドバイスをすることができるため、患者さんの側にとっては正しい知識を持って薬物治療に取り組むことができます。

また、在宅薬剤師は定期的に薬を届けに患者さんの自宅を訪問しますが、その際に薬がどのぐらい飲み残されているかなども確認することができますし、処方された薬が患者さんにとって飲みづらいなどの問題点がある場合には、それを医師に報告し、処方箋の内容を変更するように依頼することも可能です。在宅薬剤師は薬物に対して専門的な知識を持っているため、患者さんにとってより適切な薬物治療を提案することができます。薬物治療だけではなく、患者さんの輸液管理や栄養管理など、ターミナルステージに合わせた管理を支援できるのも、在宅薬剤師の大きな役割と言えるでしょう。

在宅医療を行っている患者さんの中には、強い副作用が出る薬を服用している人も少なくありません。在宅薬剤師は患者さんの自宅を訪問して服用状況を確認するとともに、患者さんが抱えている副作用などの悩みについても相談に乗ることができます。強い作用を持つ薬物には強い副作用が出ることが多いため、副作用によっては医師へ処方箋の改善を提案したり、調剤方法を工夫するなど、患者さんの苦痛を和らげて快適に服用できるような工夫を行います。病院薬剤師や薬局薬剤師とは異なる役割を担っている在宅薬剤師は、今後増え続ける在宅医療に伴って、ニーズがどんどん高くなる仕事です。在宅医療をサポートする調剤薬局も増えているので、在宅薬剤師の求人も多くみられるようになると考えられます。

在宅医療分野の薬剤師求人も豊富に掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 在宅薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.