在宅薬剤師の転職時の志望理由

在宅薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 在宅薬剤師の転職時の志望理由

在宅薬剤師の転職時の志望理由

在宅医療が進むにつれてニーズが高まっている在宅薬剤師。現在は薬剤師として病院や調剤薬局などで働いているけれど、在宅薬剤師にも興味があって転職を考えているという人は少なくありません。高齢化社会に伴って在宅医療はますます拡大されていくと考えられていくため、在宅薬剤師のニーズもこれからもっと増え続けると言われています。そう考えると、在宅薬剤師としての転職は、薬剤師の資格を持つ人にとってはたくさんの選択肢の中から自分の希望や条件に合った仕事を見つけやすいといえるのではないでしょうか。

在宅薬剤師になりたいという人は増えていますが、なぜ病院や薬局で働くのではなく在宅薬剤師になりたいのかというと、志望理由は人それぞれです。在宅医療を薬剤師の立場からサポートしたいという人もいれば、現在の職場に不満を抱えているから、新しい分野である在宅薬剤師に挑戦してみたいという人もいるでしょう。転職を考える時の志望理由は人それぞれですが、実際に転職先へ履歴書を出したり面接にいう場合には、こうした志望理由はとても大切です。

例えば、現在の職場に不満を抱えているから転職したいというマイナスの志望動機を持っている人は、そのことを正直に伝え過ぎてしまうと面接に行っても「もしかしたらこの人自身に問題があるのでは?」と勘繰られてしまうかもしれません。求職者は自分一人だけではないわけですから、面接官にマイナスのイメージを与えてしまうのはあまり良くありません。そのため、転職の志望理由では、実際にはマイナスの理由で転職したいと考えている場合でも、プラスの志望理由に転換して面接に臨んだほうが良いでしょう。

現在、転職したいなと考えている薬剤師の実際の転職理由を聞いてみると、調剤業務が忙しすぎて残業が多くなってしまったり、少ない数の薬剤師で調剤業務を行っていたりすると、休みを取りたくてもなかなか取れなかったり、また、シフト勤務などで休みが不規則になってしまうから、などという理由が多いようです。これは、在宅薬剤師になったとしても解決しないことも考えられるので注意しましょう。在宅薬剤師は自営の薬剤師というわけではなく、在宅医療を支援している調剤薬局に勤務する薬剤師です。忙しい時には残業になることもあるでしょうし、休みが不規則になってしまうことも十分に考えられます。在宅薬剤師の面接では、そうした点も含めてきちんと質問するようにしましょう。

在宅医療分野の薬剤師求人も豊富に掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 在宅薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.