在宅医療は薬剤師に不人気?

在宅薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 在宅医療は薬剤師に不人気?

在宅医療は薬剤師に不人気?

在宅医療の重要性が強調されている現在、薬剤師の在宅医療への取り組みが必要不可欠になっています。医師や看護師、介護士だけでは補うことができない分野から患者さんの必要に答えることができるからです。

高収入やスキルアップを希望している薬剤師にとっては余り魅力的な職場とは思えないかもしれません。在宅薬剤師の年収相場は約400万円前後と、薬剤師の平均年収500万円前後であることを考えると低いのが現状です。また、病院薬剤師として勤務することで様々な症例や患者さんと関わり、薬剤師としての知識やスキルを成長させることができますが、在宅薬剤師の場合は主に高齢者医療なので病院薬剤師のような経験はなかなかできません。そのため、特に若い世代の薬剤師で積極的に在宅医療に取り組む傾向はありません。

しかし今後、在宅薬剤師は一層必要になる見込みです。超高齢社会と呼ばれる日本では、病院ではなく自宅での療養や高齢者施設に入所する患者さんが非常に増えています。そういった必要を顧みるためには薬剤師資格の他に在宅療養支援認定薬剤師としての資格取得も求められます。在宅医療は人口が集中している都市部でも必要ですし、高齢者が多くいる地方都市でも必要とされていますが、実際に在宅薬剤師の資格を取得し仕事をしている薬剤師はまだそれほど多くはありません。

一方、日本全体として見た時の薬剤師の人数は増加傾向にあります。とりわけ東京や大阪など都市部では薬剤師の飽和状態が始まっていると考える専門家もいます。まだまだ薬剤師を求人する薬局やドラックストアは多いですが、薬剤師数も多いため年収は頭打ちの状態にあります。また今後は薬剤師資格の他に専門薬剤師、認定薬剤師の資格取得が活躍の場を広げるためには欠かせません。

また、在宅薬剤師は病院やドラックストアでは経験できないやりがいを得ることができます。患者さんや家族からの必要に答えて訪問し服薬指導などをするため、感謝され信頼関係を築くことができます。直に患者さんの容態も診ることができるので、薬の効果性なども感じることができます。また在宅医療は薬剤師一人で行うものではなく、医師や看護師と連携し患者さんの治療をおこないますので、1つのチーム医療ということができます。医師や看護師は薬に関する知識も薬剤師ほどではないため、自分が必要とされる環境で働くことができます。在宅薬剤師は医療スタッフと介護スタッフのパイプ役ともなる重要なポジションです。

在宅医療分野の薬剤師求人も豊富に掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 在宅薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.