在宅薬剤師の必要性

在宅薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 在宅薬剤師の必要性

在宅薬剤師の必要性

施設で生活している患者さんや、自宅で在宅医療に取り組む患者さんを支援するために活動するのが在宅薬剤師です。本来なら調剤薬局に足を運んできた患者さんに対して処方箋の説明や服用方法、そして副作用などをお知らせする調剤業務を行いますが、その場所を調剤薬局内ではなく患者さんが生活する自宅や介護施設で行うのが在宅薬剤師の仕事になります。そして、在宅医療を大きくサポートできる在宅薬剤師の必要性はこれだけではありません。

在宅医療に在宅薬剤師を導入することによって、患者さんにとってより安全で安心できる薬物治療が可能になります。飲み残しを予防し改善することにもつながるため、薬学業界においては全体にかかる薬物費用のトータルコストを抑えることにもつながりますし、また、その患者さんによってより適切な服用方法や服用量などを指導できるだけでなく、薬の形なども薬のプロである薬剤師が改善できるため、患者さんのQOLの向上にもつながります。

病院から処方箋を受け取って調剤薬局で薬を受け取る場合には、患者さんは薬剤師から直接、その薬の服用方法や飲むタイミング、考えられる副作用などの説明を受けます。そして、質問がある場合にはその場で薬剤師から適切な返答を受けることができます。例えば、すでに服用している薬がある場合には、禁忌にならないことを確認できますし、食事の後なのか前なのか、それとも食事と一緒に服用するほうが良いのか、そうした細かい点も薬剤師なら適切に指導することが可能です。しかし、介護施設や福祉施設においては、そうした薬学の細かい知識を持たない看護師や介護士などが患者さんに処方箋を手渡すことも多く、患者さんが正しい知識を持って服用できていないことも少なくありません。在宅薬剤師を導入することによって、薬剤師が直接患者さんが生活している場所を訪問して患者さんに直接薬物指導をすることができるので、患者さんが正しい知識を持って薬を服用できるという大きなメリットがあります。在宅薬剤師を導入することは、患者さんの正しく適切な服用をサポートすることにもつながるのです。

在宅薬剤師のお仕事は、患者さんに薬の説明をするだけではなく、医療関係者と患者さんとの間に入って連絡や報告などの業務も行います。より患者さんに適した薬物治療をするためには、在宅薬剤師の存在が必要不可欠といっても過言ではありません。また、服用中の患者さんの状態を確認したり、医療関係者へフィードバックするのも在宅薬剤師の仕事です。

在宅医療分野の薬剤師求人も豊富に掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 在宅薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.