在宅薬剤師の一日の流れ

在宅薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 在宅薬剤師の一日の流れ

在宅薬剤師の一日の流れ

在宅医療が増加することで生じるのは薬に関するトラブルです。医師や看護師が定期的に訪問し診察しますが、薬に関しては薬剤師が専門的知識をもっています。病院入院時には薬剤師や看護師の指導や管理によって、薬の飲み忘れや間違いは防ぐことが可能でした。また患者さんの容態をみてすぐに医師と連携し薬を変更することにも対応できました。しかしこれまで在宅医療では、薬剤師が医師に帯同し服薬指導を行うことがなかったため、患者さんの必要に柔軟に対応することが難しい状態でした。

2013年より在宅療養支援認定薬剤師の資格をもつ薬剤師は、在宅薬剤師として活躍することが可能になりました。これにより、これまで医師や看護師、ヘルパーなどではカバーできなかった患者さんの必要を満たすことが可能になりました。

医師や介護スタッフが患者さんの容態や状況を観察し、在宅薬剤師の介入が必要とした時に薬剤師への依頼があります。まず薬剤師が行うべきことは、医師との良いコミュニケーションをとり、患者さんにとって何が必要なのかを理解することです。また実際に医師と共に患者さんの自宅に訪問し、服薬状況や治療の様子を把握することも必要です。状況と必要を理解したうえで、患者さんに合わせた調剤や管理を行います。

高齢者であるゆえに薬の飲み忘れの問題が多くあります。そうした問題を解決するためにも一包化することや、ピルケースに薬を準備することなども必要です。家族と同居している場合は、訪問時に家族とも密接に連携することが求められます。

1回の訪問が終わると、次回の訪問に備えて記録をしっかりとまとめることが重要です。患者さんの容態や服薬状況、薬の効果や副作用、今回行った服薬指導などに加えて、家族や介護士などとの会話からも今後の治療などに役立つ情報を書き留めておくことができます。医師や看護師とは違う視点で患者さんを見ることができるので、こうした情報を共有することで必要とされる在宅医療を提供することができます。

今後も在宅医療は増加します。それに伴い在宅薬剤師の重要性や必要性も高まります。在宅医療もチーム医療の一端であるため、医師や看護師とのコミュニケーション能力が求められます。そして患者さんや家族から信頼を勝ち得るためにも、仕事に真摯に取り組む態度が大切です。直接患者さんと関わり、服薬の状況や効果を見ることができるのは在宅薬剤師が経験することができるやりがいの一つです。

在宅医療分野の薬剤師求人も豊富に掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 在宅薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.