在宅薬剤師とは

在宅薬剤師求人TOP >> 基礎知識 >> 在宅薬剤師とは

在宅薬剤師とは

在宅薬剤師というと、薬剤師の職場が自宅にあり、そこで調剤業務を行なっているような印象がありますがそうではありません。在宅薬剤師というのは、在宅医療をサポートする薬剤師のことで、処方箋が必要な患者さんの自宅や施設を訪問して仕事を行います。在宅薬剤師は在宅医療を取り扱う薬局に勤務し、病院から送られてくる処方箋に基づいて調剤したお薬を患者さんのもとに届ける職務をメインに行なっていますが、お薬を届けるデリバリー的な業務だけではなく、患者さんに対してお薬の説明をしたり、副作用や正しい服用方法などを指導する職務も担っています。

患者さんが在宅医療に至り、在宅薬剤師を必要とするパターンにはいくつか考えられます。薬剤師の職務は調剤業務なので、患者さんと面談をして医師のように処方箋を出すことはできませんが、患者さんによっては、医師や歯科医師から指示を受けて在宅治療を行うケースもありますし、定期的に処方箋を出されている患者さんの場合には、薬剤師の方から在宅管理を提案する場合もあります。また、家族や入居している介護施設などから相談を受けて在宅薬剤師サービスを行う場合もあります。いずれの場合でも、在宅薬剤師は患者さんにとっては大きなメリットがあるサービスと言えるでしょう。

在宅薬剤師をとり入れることによって、今後増え続けると予想される在宅医療を促進すると同時に、コストを抑えることが可能になります。また、介護施設や福祉施設においては、薬剤の専門的な知識を熟知していない看護師や介護士が患者さんに薬の説明などを行うケースも多いのですが、在宅薬剤師を導入することによって、薬においては薬の専門家である薬剤師が関わることができるようになります。また、患者さんの服用環境なども薬剤師が患者さんの生活環境に訪問することによって把握でき、それにより適切な指導やアドバイスなども行うことができます。在宅薬剤師の指導によって、患者さんがより正しく薬剤を利用できるようになるため飲み残しなども減り、間接的に薬剤費の節約などにもつながるというわけです。

高齢化社会が進むにつれて、在宅医療の必要性は高まっています。そんな中で活躍する在宅薬剤師は、病院や施設においての治療から在宅での治療に向けて患者さんの移行をスムーズにするためのサポート的な役割を担っています。まだまだ在宅薬剤師は少ないですが、今後もっと増えていくことが期待されます。

在宅医療分野の薬剤師求人も豊富に掲載中!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 在宅薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.